勝手にコイベビのストーリー考えた

舞台「コインロッカー・ベイビーズ」再演初日が今日に迫った今、全くストーリーを把握していないわたしは今から原作を読むことも難しいため、逆に原作を知らないという点を生かして(?!)勝手にわたしが想像するコインロッカー・ベイビーズのストーリーを考えてみようと思いこんなツイートをした。

 

 

やります!!!(やるんだ)

 

まずわたしが知ってるコインロッカー・ベイビーズの情報(総じて曖昧)

・ハシとキクはコインロッカーに捨てられた

・ハシは優しくて、キクは激しい

アネモネという女がいる

・ワニの国という曲がある

↑オタクが盛り上がる

・キクが誰かにキスをする

 

以上

ここからわたしの想像するコインロッカー・ベイビーズ劇場がはじまります。恐らく(確実に)原作とは大きく異なるので原作ファンの方及びコインロッカー・ベイビーズを愛してやまない方はこの先読み進めるのをご遠慮ください!わたしはコインロッカー・ベイビーズを知らないんだ!自己責任ですぞ!よろしく頼みました!

 

登場人物設定

 

キク… 

コインロッカーに捨てられた兄弟の兄。

コインロッカーの前を偶然通りかかったオバちゃんがこの兄弟を拾い、優しく丁寧に育てられる(わたしの世界に孤児院とか面倒な手続きとか無いんでヨロ)

現在22歳、大学に通いながら焼肉屋で働く。

好きな食べ物はオバちゃんが作る鯖の味噌煮(かわいい)

隣の家に住んでいるアネモネちゃんに片思い中

反抗期を拗らせたのかツンツンしていて少し怒りっぽい性格(ほんとは優しい)

服は109MEN'Sで買う。BUFFALO BOBSがお気に入り。

f:id:carne104:20180710015554j:image

キクがバイト先の焼肉屋でつけている名札。ハラミの部分のみキクの手書き。

ハシ…

キクの弟。

現在20歳、専門学校に通いながらドトールと地元のカフェを掛け持ちバイト。

好きな食べ物は柔らかいパン。

誰にでも優しく心が広い。優しすぎてつらいと言われて何度か彼女にフラれる。

スピッツが好き。

服はSHIPSか無印で買う。

 

 アネモネ

ハシとキクが物心ついた頃から仲良くしている隣の家に住むお嬢様のアネモネ

両親に大切に育てられ、美しい容姿をもつ。

現在21歳、両親に隠れて地下アイドルとして活動している。(代表曲・ワニの国)

好きな食べ物はカレー。

服はデパートで気になったものを買う。

ハシのことが好き。

 

オバちゃん…

犬(ゴールデンリトリバー)の散歩中に偶然通りかかったコインロッカーでキクとハシを拾う。

世話焼きのそこらへんにいそうなオバちゃんだけどメチャメチャ肝の据わったオバちゃん、肝っ玉母ちゃんってやつ。ハシもキクも平等に愛してる。ハシとキクとアネモネの三角関係を知っていて毎日観察に勤しむ。(キクとアネモネを応援)

 

ストーリー

舞台はキクとハシがアネモネの地下アイドルとしての活動を観に行くところから始まる。

地下アイドルとして奮闘しているアネモネを見たキクは衝撃を受け、居ても立っても居られずハシを誘って自分も地下アイドルになることを決める。ハシはキクの誘いに動揺しながらもキクの真っ直ぐな気持ちに心打たれ地下アイドルになることを決意する。

アネモネに地下アイドルのことを詳しく教えてもらい、アネモネが定期的に行なっているライブの一部に出ることになった。しかし記念すべき初ステージはグダグダ。ハシは笑顔でこなしたが、キクが全く笑えていないのだ。

f:id:carne104:20180710084214j:image

記念すべき初ステージの様子。インパクト勝負で臨もうと上半身裸に白のパンツ姿に。おじさんが乱入してもなんのその。一生懸命踊ります。

アネモネに笑えていないことを指摘されたキクは落ち込み、やがて地下アイドルを辞めるとハシに告げる。すると今まで穏やかだったハシが一変、キクの身勝手な言動に激怒。それに驚いたキクは逃げ出してしまう。走って追いかけたハシはキクを捕まえてもう一度頑張ってみようとキクを説得する。そうしてハシとキクの地下アイドル生活が再スタートする。

朝は2人でジョギングし、オバちゃんが作る栄養満点の朝食を食べ、各々夕方までアルバイトをし、帰ったらレッスンかステージに立つという日々を送っていた。2人の息の合ったダンスと歌はたちまち人々を魅了し、活動は徐々に勢いを増していった。

そんな時アネモネが地下アイドルとして活動していることが彼女の両親にバレてしまう。泣く泣く夢を諦めるアネモネを見ていられなくなったキクは、アネモネの両親を自分たちのライブに招待する。はじめはノリ気でなかったものの次第にハシとキクの熱いステージに心奪われ、地下アイドルという仕事にに魅力を感じたアネモネの両親はアネモネが地下アイドルとして活動することに賛同するまでになった。ピンチを救ってくれたキクにアネモネは礼を言おうとキクの家を訪ねる。

キクがアネモネに好意を寄せていることを知っているオバちゃんはどうにかしてこの2人がうまくいくようにとキクの部屋にさまざまな仕掛けを施す。これはてからのお楽しみだお(別に舞台とか無いけど)そうしてヤバい仕掛けのおかげで無事お付き合いすることになったキクとアネモネはお互いアイドルとして恋人として切磋琢磨していく。ハシとキクはメジャーデビューを果たし、アネモネは地下アイドルから女優へと変身を遂げる────

 

 

 

みたいな…絶対ちがうだろうな……

幕間でしにたくなってこの記事を消す可能性もありますが、とにかくキクとハシが幸せになったらいいなと思ってまーす(よーわかってないから軽い気持ち)(しにそう)

ではでは!"本当の"コインロッカー・ベイビーズが大成功となりますように! 

 

 

おにく